スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産の売買は必要経費をしっかり意識する

競馬、もしくは、競艇といったギャンブルの払戻金、及び、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などに代表される、定期的に発生する収入とは別の臨時的に得たお金は一時所得という分類になります。不動産を売却して入ってきたお金も臨時的なものですが、これは譲渡所得という別の所得区分に入ります。所得税を算定する時も一時所得とは別の計算になります。

変則的なこともありますので、確定申告を確実に行いましょう。査定に来た業者の説明を聞いていると、うっかり聞き逃してしまうことが多いのですが、査定額(売却予想値)にばかり気を取られないで、必要経費を引いたあとの残額、すなわち手取りがいくらになるのかは明白にしておきましょう。

売る際に必要になる経費は、不動産会社に払う仲介手数料、印紙代、所得税と住民税、登記抹消費用などが挙げられます。税金の計算の仕方はケースバイケースですから、もし心配であれば専門家である税理士に教えてもらうか、でなければ仲介業者が来る日に同席をお願いするのも良いかもしれません。

マンション売却を成功させる秘訣は、売りに出そうとしているマンションを査定依頼するときは複数の会社に依頼し、その時の相場というものを掴んでおくことが大切です。そのあたりが無頓着では、買手や業者にいいようにあしらわれ、価格交渉に持ち込まれてしまうこともあるからです。

それに、見積りに来た業者の対応等を細かくメモして比較すると、顧客の身になって頑張ってくれる会社かどうか判断できるでしょう。一社ではなく複数に依頼するのはこのためです。不動産売却における一般媒介契約というのは、一社に限定せず、二社以上に仲介を頼むという内容の契約です。

宣伝効果が高くなったり、売買契約を仲介できる業者は一社になるため、どこよりも先に買い手をみつけ、どうにか仲介手数料を得たいと売り込んでくれたりして、短期間で買手が見つかるケースもあるでしょう。反面、二社以上の業者と交渉したり、連絡をしたりということが必須ですから、そういったことが面倒で嫌という方もいるでしょう。

今後、不動産物件の売却を考えている方へ査定から売却完了までの段取りを見てみましょう。はじめに、査定をしなければなりません。仲介業者を選んでお願いしましょう。こうして出された売却予想価格で良ければ、次のステップです。

契約した後は会社が広告を出し、買手を探してくれるでしょう。ただし、予定の価格を引き下げなければならなくなったり、半年以上売れないこともあると知っておいてください。そして、買手が決まると、支払い手続きをし、売却金を手にすることができます。これが大まかな流れになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。